フリーソフトTOP機能別フリーソフト一覧 1 > アミューズメント
アミューズメント : 抽選ソフト・ビンゴゲーム


フリーソフト抽選王 Ver 0.60.1
動作環境 : Windows Vista / XP / Me / 2000 / 98
動作に必要なソフト :  Visual Basic 6.0 SP6 ランタイム
2種類のモードがある抽選補助ソフト。
数字抽選モードでは、数字の最小値・最大値を入力 して抽選で選ぶ数を入力→実行を押すとランダムに数字が選ばれます。読み込み抽選モードでは、あらかじめ ファイルを作成しておくことで、数字以外の人名や地名などから抽選ができます。優柔不断な人や、ビンゴゲーム などの抽選に使えるソフト。(2006/07/13)

フリーソフトThe 抽選!! Ver 1.00
動作環境 : Windows XP / 2000 / Me / 98 / 95
一行に一人ずつ名前等を記載したテキストファイルのリストを使用し て、抽選を行うソフトです。
起動するとファイルの選択画面が表示されるので、リストファイルを選択します。画面が開き、「START」ボタンをクリックすると、画面が リストの名前の順番に高速で変わるので、適当なところで「STOP」をクリックすると、段々遅くなり画面が止まります。抽選中や画面確定後は 音楽が鳴るので、注意しましょう。
一度リストファイルを選択すると、「Chusen.ini」ファイルが作成され、次回から起動すると、自動的に以前選択したリストファイルが選択 されて、抽選待機状態になります。リストを切り替えたい場合は、タスクトレイアイコンの右クリックメニューから、「ファイル指定」でリスト ファイルを切り替えられます。そのほか「設定」では、画面に表示する名前等のフォントサイズや、リストで一度選ばれた名前を省略すること ができる「名前を重複して選択しない」の有効・無効を選択できます。また、右クリックメニューの「メンバー操作」では、個別にメンバーの 追加・削除を行えますが、それはリストファイルをそのまま編集した方が多分早いです。(2008/06/17)

フリーソフト◆神様◆あみだくじ2 Ver 2.0.18
動作環境 : Windows XP / 2000 / Me / 98 / 95 / NT
動作に必要なソフト : Visual Basic 6.0 ランタイム
あみだくじを行うソフトです。「当たり」を決める「あたりモード」、いろいろな賞品や当番決めなど全員に何かを割り当て る「くじ引きモード」、単純にメンバー全員に番号を割り当てる「番号決めモード」の3つのモードが用意されていますので、用途に応じて使い分 ける事ができます。
操作は、「参加」の「+−」ボタンを調節して参加人数を設定し、用意された名前欄に全員のイニシャル・名前などを入力します。その後、 「○○モード」と書かれた場所をクリックしてモードを決め、「あたり」モードの場合は当たりの本数を調整、「くじ引きモード」の時は右に表示 されるボックスに賞品・役割など入力し、「準備完了」をクリック。後は、名前ボックスをクリックする事によって、くじが引かれていきます。 全ての結果を出し終えたら、結果を印刷する事も可能です。
対応する人数は、最大37名。グループは7つまで設定できます。また、当たりの本数は、1つから参加人数マイナス1人の範囲で調整可能。 くじの公平性についても、準備時に引かれている線は準備完了後に線を引き直しますし、「くじ引きモード」「番号モード」の場合は、右のボック スがシャッフルされますので、予測は不可能です。線の構成についても、毎回変わります。ちなみに、ここで紹介した「◆神様◆あみだくじ2」の 他に、100名まで対応した「◆神様◆あみだくじ3」 も配布されています。また、ソフトのインストール作業がうまく進まない場合は、解凍した中にある「◆神様◆あみだくじ2.CAB」を解凍すれば、 「◆神様◆あみだくじ2.exe」から実行できます。(2009/01/17)

フリーソフトBingoKid Ver 1.42
動作環境 : Windows XP / 2000 / Me / 98SE
1〜4人で遊べるビンゴ対戦ゲームです。説明しなくても分かると思いますが、ビンゴゲームとは、5×5マスの数字が書かれた 用紙を使用し、縦(列)・横(行)・対角線上のどれかで5つとも当たり数字が揃えば「ビンゴ!」(終了)というゲームです。
コース、勝負回数(1・3・5回)、遊ぶ人数をマウスでクリックして決めれば、ゲームが自動的にスタートします。コースは、3種類用意されており、 「運まかせコース」は、プレーヤーは特に操作せず全自動で進行していくモード。「動体視力コース」は、プレーヤーが順番に、高速で動く数字 リールをスペースキーで止めて当たり数字を決めていくモード。「頭脳コース」は、順番が廻ってきたプレイヤーが自分のパネル上の当たりにし たい数字をマウスでクリックし、その後出題される簡単な算数の問題を正解すれば当たり数字になるというモードです。なお、ゲーム終了時には 音楽が鳴るようになっているので、音が鳴るのが嫌な人は、あらかじめメニュー左下にある「ミュート」にチェックを入れておきましょう。 (2006/04/06)

フリーソフトちゅうせんこ Ver 4.30
動作環境 : Windows Vista / 98 / 95
シンプルな抽選ソフトです。
「参加者設定」で抽選に参加する人のイニシャル・名前等を登録し、「景品設定」で賞品・景品や*等などを設定後、「開始」をクリックして その中の「抽選」ボタンをクリックすれば、抽選が行われます。「印刷」ボタンをクリックすれば、抽選結果を印刷することも可能です。 参加者・景品は、共に40人・40個まで設定できます。なお、設定した参加者・景品は、チェックボックスにチェックを入れないと、抽選で 使用されません。スクリーンショット画像は、左がメイン画面、右が抽選結果画面です。(2009/01/17)

フリーソフト抽選君 Ver 1.2
動作環境 : Windows Vista / 95 / NT
非常にシンプルな抽選ソフト。抽選対象になる対象者・応募者が多数の場合に、使いやすいソフトです。
使い方は、応募者総数と抽選で選ぶ人数を入力するだけ。抽選で選ぶ人数分(当選者)が、抽選結果として番号のみ表示されます。(2009/01/17)

フリーソフトまめ蔵ビンゴマシン for Win Ver 1.0.0
動作環境 : Windows 2000 / Me / 98
ビンゴゲーム用の数字抽選ソフトです。画面はモニタに合わせてフルスクリーンで表示され、キャラクター「まめ蔵君」 と効果音で、抽選を盛り上げてくれます。外部出力でプロジェクターなどにつないで使うと、宴会も盛り上がります。
  操作はシンプルです。起動すると自動的にフルスクリーン表示になり、「まめ蔵君」をクリックするとビンゴスタート!デジタル数字が回転して、 数字を選びます。選ばれた数字は、画面上部の数字パネルが点灯して示されます。再び「まめ蔵君」をクリックすると、次の数字が選ばれます。 ビンゴを最初から再度行いたい場合は、「RESET」ボタンをクリックすればOKです。また、「Ctrl+Fキー」をクリックすれば、フルスクリーン表示 させずに使用することもできます。作者さまサイトでは、まめ蔵特製ビン ゴカードがプリントアウトできるWebアプリケーションも提供されています。(2009/01/18)

フリーソフトMiC BINGO おすすめVer 3.1
動作環境 : Windows / Mac OS X
ビンゴゲーム用の数字抽選ソフトです。画面はモニタに合わせてフルスクリーンで表示され、音楽の再生・背景画像の表示や 景品の紹介も可能など、抽選を盛り上げてくれます。外部出力でプロジェクターなどにつないで使うと、宴会も盛り上がります。Windows用だけで なく、Mac用も配布されています。
操作はシンプルで、「ゲーム開始」をクリックすれば当たり数字の選択が始まり、選ばれた数字が右エリアに表示されていきます。次の数字を選ぶ 時は「スタート」をクリックすればOKです。「景品紹介」では、景品が画像付きで紹介されるので、ゲーム前に行えば盛り上がります。また、「景 品選択」をクリックすれば、効果音と共に景品がシャッフル表示されて景品が選択されるので、ビンゴを達成した人が出た時の景品選びに使えま す。「景品選択」は、ゲームの途中でも行え、終了後、続きから数字の選択に戻れるので便利です。また、景品には数も指定でき、景品決定時に 「あと*個」「終了!」などと表示され、なくなってしまった景品が何度も表示されるような事もありません。
また、「MiC BINGO」は、細かい設定が可能なのも特長です。「設定」からは、数字の出現最大数(通常は75ですが、1〜9999の範囲で選択可能)、 数字を表示するフォント、ゲームスタート前のオープニングメッセージの選択、フルスクリーン表示の有効・無効、当たり数字を表示するエリア の背景画像の選択、全体の背景色、効果音の選択(番号選択時・景品選択時・全体を通して流れる音楽)、当たり番号選択時のストップの方法や 自動ストップ時のストップまでの時間など、細かく設定してアレンジする事ができます。
自分で背景画像・音楽・景品を変更したい場合は、背景画像は「images」フォルダ、音楽は「sound」フォルダ、景品画像は「item」フォルダに 入れておきましょう。景品画像は、280*200のjpeg形式で用意し、ファイル名を「商品名_個数.jpg」にします(例:自転車_2.jpg)。例のように すれば、自転車は2つという事になり、景品決定時に反映されます。スクリーンショット画像は、左がメイン画面、右が設定画面です。 (2009/01/18)

フリーソフト好きな言葉でビンゴカードを作ろう Ver 1.00
動作環境 : Windows XP / 2000 / Me / 98 / 95 / NT
ビンゴゲーム用のビンゴカードを作成するためのソフトです。5×5マスのビンゴカードのBMP画像を作成できます。 一度に、10〜300枚の範囲で作成可能なので、参加人数が多い場合も問題ありません。また、数字だけでなく、アルファベット・都道府県・人の名 前など、マスに入れる言葉を自由に選べるのも特長です。
操作は、作成するビンゴカードの一番上に印刷する「タイトル」を自由に入力し、「ビンゴのファイルを選択」から、ビンゴカードのマスに入れる 数字・言葉等を選択。中央のマスをフリーにする場合は、その項目にチェックを入れ、作成するビンゴカードの枚数をプルダウンボックスから選択 します。最後に「ビンゴカードのbmp画像を作成」をクリックすれば、画像が作成されます。作成された画像は「card」フォルダに保存されるので、 作成されたBMP画像を印刷すれば、ビンゴカードの完成です。
マスに入れる言葉である「ビンゴファイル」は、あらかじめ、数字(1〜50・1〜75・1〜99)、アルファベット、都道府県名、山手線の駅名など 数種類用意されていますが、自分の好きな言葉を使って自作する事もできます。作成方法は、「card_dat」フォルダにあるビンゴファイルを メモ帳エディタで開けば分かると思いますが、 1行に1つの言葉を入力していくだけです。非常に簡単なので、オリジナルのビンゴカードを作成して、宴会などで使ってみてください。 スクリーンショット画像は、左がメイン画面、右が左スクリーンショット画像の設定で作成したBMP画像です。(2009/01/18)

スポンサード リンク

最近の更新

フリーソフトTOP機能別フリーソフト一覧 1 > アミューズメント
アミューズメント : 抽選ソフト・ビンゴゲーム

機能別フリーソフト一覧 1 / 機能別フリーソフト一覧 2 / フリーソフト詳細・関連記事