フリーソフトTOP機能別フリーソフト一覧 2 > ビジネス・文書
ビジネス・文書 : PDF文書閲覧・編集1 > PDF文書閲覧・編集2PDF文書閲覧・編集3


フリーソフトAdobe Reader 定番Ver 9.3
動作環境 : Windows / Mac / Linux / Solaris / Alx / HP-UX / Mobile
Adobe社から無償配布されている、PDFファイルの表示・印刷ソフト。インストールする事で、Webブラウザ上でも PDFファイルの閲覧が可能になります。ただし、PDFファイルの編集・作成はできません。編集を行いたい場合は、有料の「Acrobat」を 利用するか、各種PDFフォーマットへの変換が可能なソフトを利用する必要があります。
画面は、使用中のパソコンの画面にあわせて自由に拡大・縮小可能。複数ページに渡る文書の場合は、表示される各ページのサムネイル をクリックして、見たいページに移動できます。検索の際には、検索条件を指定して対象を絞り込み、複数のPDFにわたってテキスト等 のデータを検索可能です。「スナップショットツール」を使えば、図・画像など範囲指定したものを切り取って、他のソフトで利用する こともできます。そのほか、全画面表示、読み上げにも対応しています。また、PDFファイルの表示以外に、電子書籍「eBook」の閲覧、 「Adobe Photoshop Album」で作成したファイルのスライドショーや電子カードの表示も可能です。(2006/03/19)

フリーソフトFoxit PDF Reader 定番 おすすめVer 3.2
動作環境 : Windows
PDFファイルの閲覧ソフトです。「Adobe Reader」は起動に時間がかかるのが難点ですが、「Foxit PDF Reader」 はプラグインの読み込みが無いため、表示が非常に速いのが特長です。閲覧さえできればOKという方はこの「Foxit PDF Reader」を試して みてください。
拡大・縮小、スナップショットツール、検索機能など基本的な機能は備えています。検索は、現在表示しているPDFファイルのほか、 指定したハードディスクドライブ全体のPDFファイルから検索する事も可能です。そのほか、マークを挿入するなどの機能もありますが、 これらの機能は有料版の「Professional Version」の機能なので、文書を保存すると評価版のマークが付されます。 外国製ソフトなので英語表示ですが、言語ファイルを導入する事でメニュー表示をある程度、日本語化することができます。日本語化したい 場合は、メニューの「Language」から「Japanese」を選択すれば、自動的に必要な言語ファイルをダウンロードした後、日本語化されます。 (2006/03/19)
詳細解説ページ - Foxit Reader

フリーソフトAdobe Reader Speed-Up 定番 おすすめVer 1.36
動作環境 : Windows XP
「Adobe Reader」でPDFファイルを閲覧する際、表示が遅くてイライラした経験をお持ちの方もいらっしゃる かも知れません。これは「Adobe Reader」が起動する際、大量のプラグインを読み込んでいるためです。「Adobe Reader Speed-Up」は、 起動時に必要最低限のプラグインだけ読み込むことで、「Adobe Reader」の起動をスピードアップします。
操作は、起動後「Speed Up」を選択して「Next」をクリックすると、自動的に「Adobe Reader」のプラグインが一覧表示されるので、 不必要だと思うプラグインのチェックをはずして、必要なプラグインにだけチェックを入れればOK。自分では判断できない方は、 「Select Speed-Up Mode」から、モードを選択するか、初期設定のままでも構いません。自分の場合は、それなりに起動が速くなりま した。英語表示ですが、チェックを入れるだけなので、特に迷うことはないと思います。「Adobe Acrobat 3.0〜Adobe Acrobat / Reader 8.0.0」 に対応しています。(2006/03/19)

フリーソフトSepPDF Ver 1.86
動作環境 : Windows 7 / Vista / XP / 2000 / Me / 98 / 95 / NT
複数ページからなるPDFファイルを、1ページ1ファイルに分解してくれるソフトです。
操作は、分解したいファイルを直接画面にドロップして「ページ分解」ボタンを押すだけ。うまくいけば「分解操作完了」のメッセージが 表示され、元のファイルと同じフォルダ内に分解したファイルが保存されます。全ページを分解するほかに、指定したページだけ分解する 事も可能です。内部が暗号化されたPDFファイルは、分解できない場合があります。(2006/04/25)

フリーソフトConcatPDF Ver 1.1.11
動作環境 : Windows Vista / XP / 2003 / 2000 / Me / 98 / NT
動作に必要なソフト : Microsoft .NET Framework 1.1 / Microsoft Visual J# .NET Version 1.1
PDFファイルの結合などの処理を行えるソフトです。
そのほか、一部ページの分割・抽出 、一部ページの削除、順序の入れ換え、暗号化(40ビット・128ビット)・暗号化解除、しおりの追加を 行う事ができます。基本的な操作は、対象のPDFファイルを直接画面にドロップして画面上のリストにファイルを追加した後、処理を 行って「File→Save As」で保存すればOK。ただし、基本的にはPDFを結合や組み換えを行うソフトなので、ページの分解は、一ページずつ 分解して一括保存することはできません。リストに追加した後、「Edit→Split」で1ページごとに分割して、必要ないページをリストから 削除した後、保存します。同じように並べ替えも、必要ないページをリストから削除して、「↑↓」キーで並べ替えた後、保存します。 暗号化・暗号化解除は、「File→Document Security」から行えます。GUIのほか、コマンドラインでも操作可能です。 (2006/04/25)

フリーソフトPDF Knife Ver 1.20
動作環境 : Windows XP / 2000 / Me / 98
PDFファイルをページごとに分解・抽出する事ができるソフトです。
操作は、ソフトを起動して対象のPDFファイルを指定した後、分解方法(すべてのページを分解・ページを指定して分解)を選択して、 保存先を指定すればOK。ただし、暗号化されたPDFファイルには対応していません。また、分解・抽出するとインタラクティブな属性 (しおり・リンク・アクロバットフォーム・注釈・アーティクル・JavaScriptなどの装飾)は失われます。しおりの自動生成は新規に 作成するPDFファイルが2ページ以上ある場合に有効になります。Acrobat6.0(PDF1.5)以降の形式には対応していません。(2006/04/25)

フリーソフトpdfpdfpdf.com Ver 1.20
動作環境 : Windows XP / 2000 / Me / 98
複数のPDFファイルを、ひとつのPDFファイルに結合するためのソフトです。
操作は、ソフトを起動して対象のPDFファイルをドラッグ&ドロップなどで登録した後、「↑↓」キーでPDFファイルの順番を指定し、 保存すればOKです。しおりは自動生成されます。 ただし、暗号化されたPDFファイルには対応していません。また、結合すると インタラクティブな属性(しおり・リンク・アクロバットフォーム・注釈・アーティクル・JavaScriptなどの装飾)は失われます。 Acrobat6.0(PDF1.5)以降の形式には対応していません。(2006/04/25)

フリーソフトPDF DeletePage Ver 1.20
動作環境 : Windows XP / 2000 / Me / 98
PDFファイルから任意のページを削除するソフトです。「pdfpdfpdf.com」などのPDFファイルを分解・結合する ソフトと併用するとより便利です。
操作は、ソフトを起動して対象のPDFファイルを指定した後、「ページを指定して削除」から削除するページを指定して、保存先を指定 すればOK。ただし、暗号化されたPDFファイルには対応していません。また、ページを削除するとインタラクティブな属性(しおり・ リンク・アクロバットフォーム・注釈・アーティクル・JavaScriptなどの装飾)は失われます。Acrobat6.0(PDF1.5)以降の形式には 対応していません。(2006/04/25)

フリーソフトPDF RotatePage Ver 1.20
動作環境 : Windows XP / 2000 / Me / 98
PDFファイルのページを回転(90・180・270度)させるソフトです。スキャナなどで読み取ったデータを、見やすい 角度に変更したい場合などに有効です。
操作は、ソフトを起動して対象のPDFファイルを指定した後、回転方向・回転させるページを指定(全てのページを回転・ ページを指定して回転)指定して、保存先を指定すればOK。ただし、PDFファイルのセキュリティ属性(暗号化)が「はい」になってい る場合は、暗号化技術の「特許と輸出規制」のため対応することができません。また、Acrobat6.0(PDF1.5)以降の形式には対応していません。 (2006/04/25)

フリーソフトPDF InfoMaker Ver 1.20
動作環境 : Windows XP / 2000 / Me / 98
PDFファイルの文書情報(タイトル・キーワード・作成者・作成日時など)と表示オプションを設定・変更する ソフトです。
操作は、対象のPDFファイルを指定した後、必要な項目を編集・変更して、保存するだけです。ただし、PDFファイルのセキュリティ属性 (暗号化)が「はい」になっている場合は、暗号化技術の「特許と輸出規制」のため対応することができません。また、Acrobat6.0(PDF1.5) 以降の形式には対応していません。(2006/04/25)

メーカー製品
いきなりPDF
簡単PDF作成ソフト。

スポンサード リンク

最近の更新


フリーソフトTOP機能別フリーソフト一覧 2 > ビジネス・文書
ビジネス・文書 : PDF文書閲覧・編集1 > PDF文書閲覧・編集2PDF文書閲覧・編集3

機能別フリーソフト一覧 1 / 機能別フリーソフト一覧 2 / フリーソフト詳細・関連記事