フリーソフトTOP機能別フリーソフト一覧 1 > CD・DVD
CD・DVD : DVD作成・オーサリング


フリーソフトばっちでまっくす(BatchDemux) おすすめVer 0.12J
動作環境 : Windows
シンプルなMPEG分離ソフト。元は外国産ソフトですが、その日本語版です。
bbdemuxとmpgtxの2つの分離エンジンを持っています。操作は非常に簡単。まずは「open directory」で分離したいMPEGファイル があるフォルダを選びます。フォルダを選択すると、中にあるMPEGファイルが全て表示されます。分離したくないファイルは、 選択して「×」ボタンを押せばリストから消去できます。分離したいファイルを選んだら「run demultiplex」を押して、出力先 のフォルダを選択すれば分離が始まります。分離したら「DVDAuthorGUI」などのソフトを使用して、DVDを作成しましょう。ダウ ンロード先は少しわかりにくいですが、左側メニューの「Download」ページの下の方にあります。(2006/10/30)

フリーソフトDVDAuthorGUI-J(日本語版) おすすめver 1.014
動作環境 : Windows
基本的なDVDを簡単に作れるフリーのDVDオーサリングツール。
DVDオーサリングツールとは、パソコンでテレビ番組を録画した物や自分で撮影したホームムービーなどを、 DVDプレーヤーで観れる形式に変換するソフトのことです。 マルチ・タイトル(pgc)、マルチ・タイトルセット・メニュー(静止画/動画)、m2v静止画ストリームの生成、チャプ ター、字幕、マルチ・オーディオ・ストリーム、基本的なナビゲーション・コマンド、ISOイメージファイルの 生成などをサポートしています。テキスト形式の字幕でも十分美しいですが、「DVDAuthorGUI」はSUP形式の字幕を 読み込むこともできるので、市販されているDVDのようなこだわった字幕や美しい字幕を入れたい人は、下のSUP字幕作成 ソフト「SubtitleCreator」と併用するのもいいかもしれません。ヘルプファイルはないですが、項目ごとにまとめ た英語版の解説を翻訳した物が「Readme」に掲載されています。(2006/10/29)

フリーソフトSubtitleCreator(日本語版) おすすめver 1.9.0
動作環境 : Windows
フリーで使える字幕作成ソフト。
SRT形式やSUB形式の字幕ファイルからSUP形式に変換したり、テキスト入力からSUP字幕を作成できます。フォント、 輪郭、背景、位置調整、行数、行間など様々な項目を調整できます。ユーザーズガイドはまだ翻訳されていない ようです。このソフトで作成したSUP字幕を使えば、市販されているDVDのような美しい字幕の使ったDVDが作成でき ます。基本的な作成方法は↓のサイトがおすすめ。「SubtitleCreator」で作成したSUP字幕を「DVDAuthorGUI」 で読み込む方法も書かれています。(2006/10/29)
解説サイト - 字幕入りDVDを作っちゃおう!

フリーソフトSubtitle Workshop ver 2.51
動作環境 : Windows
字幕の作成・編集ができるフリーソフト。
外国のソフトですが日本語化して使用できます。もともと「Setting→Language」で「Japanese」を選べるように なっていますが、最初に「設定→基本設定」から「一般→文字コード」で文字コードをShiftjisにしておかないと、 文字化けします。実際に動画を見ながら入力できたり、左右に2ヶ国語の字幕を並べて編集できる翻訳モードなどの 機能があります。(2006/10/30)
日本語化パッチ

フリーソフトMuxman DVD authoring Standard version ver 0.16.6
動作環境 : Windows
フリーのDVDオーサリングソフト。
外国産のソフトですが日本語化パッチが公開されているので、日本語で使用することができます。まだ使ったこと ないのでよく分かりません。上で紹介している「DVDAuthorGUI-J」の方が使いやすいかも。(2006/10/30)
日本語化パッチ

フリーソフトAddChapter ver 1.2.0.2
動作環境 : Windows
任意のタイトルの最後にダミーチャプターを追加する事ができるソフト。
外国産のソフトですが日本語化パッチが公開されているので、日本語で使用することができます。 「自動セレクト」をクリックすると、ダミーチャプターの有無を判別して、無いTitleだけに自動でチェックを 入れてくれる機能もあります。(2006/10/30)
日本語化パッチ

フリーソフトDVD Flick ver 1.3.0.7
動作環境 : Windows 7 / Vista / XP / 2000 Professional
フリーのDVDオーサリングソフト。
AVI・MPG・MOV・WMV・ASF・FLV・Matroska・MP4ファイルなどに対応しています。チャプターの自動挿入(x分ごとに 一つ・タイトル全体でx個)や、字幕の合成にも対応。字幕ファイルは、テキスト形式のほか、AQT・JS・RT・SMI・ ASS・SRT・SSAに対応しています。ISOイメージファイル作成のほか、「ImgBurn」が同梱されていて、ライティング までをこのソフト一つで行うことができます。(2007/04/02)
解説サイト - DVD FlickでWMVファイルをDVD化

フリーソフトDVDStyler ver 1.8.0.2
動作環境 : Windows XP / 2000 / NT / Linux
フリーのDVDオーサリングソフト。
MPEG動画から、DVDのイメージファイルを作成することができます。作成の流れは、「Directories」タブを選択 して、DVDに取り込みたい動画をドロップなどでソフト下部分のエリアに登録。「Backgrounds」「Buttons」タブ で、メニュー画面の背景や、ボタン・テキストなどを配置。設定が終わったら、「File→Burn dvd」でイメージ ファイルを作成します。日本国内で使用する場合は、「Configuration→Settings→Default video format」を、 忘れずに「NTSC」にしておきましょう。直感的に操作しやすいソフトです。「DVDAuthorGUI」の簡易版といった 感じのソフト。サイト内の「Documents」には、基本的操作を解説した日本語版ガイドも用意されています。(2007/07/02)
日本語化パッチ
解説サイト - ビギナーズナビ / DVD Stylerの使い方
解説サイト - DVDStylerでホームビデオをDVD化

フリーソフトDVDSubEdit ver 1.51
動作環境 : Windows XP
DVD(VOBファイル)の字幕の色や位置、メニューのボタンの位置などを変更することができる 字幕編集ソフトです。
VOBファイルの読み込みのほか、SUP形式の字幕を読み込んで編集することもできます。フレームを見ながら字幕を 乗せることができます。(2007/07/03)
日本語化パッチ

フリーソフトVobedit ver 0.6
動作環境 : Windows XP
DVDのVOBファイルから、映像ファイル(m2v)・音声ファイル(mpa・ac3・wav)・字幕ファイル(sup)を分離するデマック スソフトです。
操作は、「開く(Open)」からDVDの入っているドライブを選択して、VOBファイルを指定します。その後、「最多重化(Demux)」をクリック するとウィンドウが表示されるので、分離したいものを選択すればOK。より細かい設定もできるようですが、映像ファイルを分離したければ 「最多重化 全てのビデオストリーム(Demux all Video streams)」、音声を分離したければ「最多重化 全てのオーディオストリーム (Demux all Audio streams)」、字幕を分離したければ「最多重化 全ての字幕ストリーム(Demux all Subp streams)」を選択しておけば、 特に問題はありません。分離するファイルを指定後、「決定(OK)」ボタンをクリックすると、ファイルの保存画面が開くので、保存する場所を 指定します。分離作業にはしばらく時間がかかるので、プログレスバーが100%になるまで待てば完了です。
そのほか、「編集(Edit)」メニューから選択したVobファイルの映像をプレビュー再生したり、Vobファイルの情報を詳しく表示したり、 「クリップボードへ(Copy2Clipb)」から表示したVobファイルの情報をクリップボードに送る機能など。「Vobedit」は、メニュー項目がそれほ ど多くないので、英語のままでも問題ないかもしれませんが、日本語化パッチも公開されています。(2008/12/17)
日本語化パッチ

スポンサード リンク

最近の更新


フリーソフトTOP機能別フリーソフト一覧 1 > CD・DVD
CD・DVD : DVD作成・オーサリング

機能別フリーソフト一覧 1 / 機能別フリーソフト一覧 2 / フリーソフト詳細・関連記事