フリーソフトTOP機能別フリーソフト一覧 1 > CD・DVD
CD・DVD : CD・DVDバックアップ補助1 > CD・DVDバックアップ補助2


フリーソフトCD-R All Write Ver 1.43a
動作環境 : Windows Me / 98 / 95
CD-Rを焼く最適な環境で再起動するソフト。
Windows95/98でCD-Rを焼く際に頻発する、バッファアンダーランの発生を最小限にするために、安定した環境に 再起動するソフトです。「最適な環境に再起動」をクリックして再起動後、ライティングソフトを登録したら、 今まで通りCDを焼きます。「CD-R All Write」を終了させれば通常環境に戻ります。WindowsNT系や2000では動作 しないようです。(2006/11/04)


フリーソフトCDR Identifier 定番Ver 1.63
動作環境 : Windows 98 / 95 / NT
CD-Rメディアのメディア情報を表示するソフト。
CD-R・RWに対応しています。表示する内容は上から製造元メーカー、色素、R・RWの区別、容量、書き込み速度 です。CDを挿入したドライブを選択して、「Read ATIP from disc」ボタンをクリックすると情報が表示されます。 下のボタンをクリックすると、表示されたメディア情報をクリップボードに送ります。(2006/11/04)
日本語化パッチ

フリーソフトDVD Identifier 定番Ver 5.2.0
動作環境 : Windows XP
DVDと次世代メディアのブルーレイ・HD DVDのメディア情報を表示するソフト。
対応しているメディアは、DVD+R:+R DL、DVD+RW:+RW DL、DVD-R:DVD-R DL、DVD-RW、DVD-RAM、HD DVD-R、 HD DVD-RW、HD DVD-RAM、BD-R、BD-REです。操作方法は、メディアを挿入したドライブを選択して、「Identify」ボタンを クリックです。ディスクの種類、製造元メーカー、書き込み速度などを表示します。「Clipboard」ボタンを クリックすると、表示されたメディア情報をクリップボードに送ります。(2006/11/04)

フリーソフトAutorunStudio Ver 1.40
動作環境 : Windows XP / Me / 2000 / 98
CD-Rなどにオートラン機能などを付けるためのファイルを作るためのソフト。
AUTORUN_Makerの機能充実版。各機能を独立して設定するようになっているので、ランチャーやスプラッシュロゴ、 アイコンのうち、必要なものだけを選して実装できます。ランチャーは詳細設定で大きさ・表示位置・ウィンドウ のタイプ・BGM・背景・タイトルバーなど自由にカスタマイズして作成できます。操作の流れは、必要な項目を設定 して「書き出し」ボタンをクリック→書き出されたファイル(フォルダ含む)を、そのままCD-Rなどのメディアの ルートフォルダに置いて、コンテンツと一緒に焼くだけです。詳細に解説された説明書が同封されているので、 読んでみてください。(2006/11/04)

フリーソフトEz CD Protector Ver 0.19
動作環境 : Windows XP
CD-Rで焼く際に、コピープロテクトをかけることができるソフト。
「.cueファイル」をこのソフトで読み込み、「Writeボタン」を押すとプロテクトがかけられます。 データ用CDには効果がないみたいですが、音楽CDには割と効果があるようです。ただ、最後に少しノイズが 入るようです。同封されているヘルプファイルに、「CDRWIN」を使用した場合のプロテクトのかけ方が 解説されています。(2006/11/04)

フリーソフトVirtual CD-ROM Case Ver 1.2.9
動作環境 : Windows 95 / NT
CD-ROM・MO・FD・DVDなどのリムーバブルメディアの内容を収集して、ローカルで管理できる ソフト
データをたくさんのリムーバブルメディアに保存している場合などに、目的のファイルを素早く見つけ だせます。機能は、コメント・日付・マーク・正規表現によるファイル検索、メディアの比較、メディアの更新、 コメントの自動生成(Plug-inを追加すれば、RTF/PDF/MP3形式からも)、ファイル情報をリスト印刷、LHAなどの アーカイブ内のファイル情報を取得、圧縮ファイルからファイルの抽出、ファイルデータの埋め込みなどです。 ファイル情報のインポート(CSV形式)、エクスポート(CSV・HTML・ツリー形式)に対応しています。(2006/11/04)

フリーソフトDatadisc scanner Ver 1.05
動作環境 : Windows XP / 2000
動作に必要なソフト : Visual Basic 6.0 ランタイム
データCDの読みとりチェックをするソフト。
CDを挿入したドライブを選択して「チェック」をクリックすると、正常なファイルとエラーのあったファイルに 分けられて表示されます。「クリップボード出力」をクリックすると、ファイルリストをクリップボードに出力 できます。「設定」をレスキューモードにすると、読み取りに問題のないファイルを、フォルダ階層を維持した ままハードディスクに退避させます。(2006/11/04)

フリーソフトPackAssistant Ver 1.5.0
動作環境 : Windows Vista / XP / 2000
大量のファイルなどを効率よく振り分けることができるソフト。
振り分けるサイズは、 あらかじめCD(650 / 700MB)、DVD1層(4.7G)、DVD2層(8.5G)の容量が用意されていますが、自分で好きなサイズを 設定する事もできます。メイン画面に、振り分けをしたいファイルやフォルダをドラッグ&ドロップして、 パックしたいサイズを選び、実行ボタンを押すと振り分けが実行されます。振り分けが終了すると、ソフトのリストに 「Pack1」「Pack2」のような仮想フォルダが表示されるので、その仮想フォルダをCDやDVDのライティングソフトに 登録することで、簡単に無駄のないようにディスクを作成できます。また、グループ機能というものがあり、このファイル とあのファイルは絶対に同じディスクに入れたいという場合に、任意の指定ファイルを同じディスクに収めるよう に設定できます。同時にインストールされる「PackClassify」と連携して、振り分けたとおりに実際にファイル またはフォルダを振り分けることもできます。(2006/07/12)

フリーソフトCDCheck Ver 3.1.14.0
動作環境 : Windows XP / Me / 2003 / 2000 / 98 / 95 / NT
読み取りエラーの出るCD・DVDから、データをできるだけ取り出してコピーできるソフト。
使い方は、ディスク挿入後「Recover(修復)」をクリックして、修復したいディスクがある場所と、データの コピー先を指定して「Continue(続行)」をクリックするだけです。読み取り不能と判断するまでの再試行回数や、 再読み込みする最小セクタ数は、自由に変更できます。そのほか、ディスクの読み取りチェック、コピーがちゃんと 行われたかなどのチェックに便利な指定した場所を比較する機能、メディアのメーカー・色素などがわかるディスク 情報表示機能、指定した場所以下にある全ファイルのハッシュ値を取得してログに保存する機能(CRC・MD5など20種 類)など。個人利用でユーザー登録 を行った場合のみ、無料で利用できます。ユーザー登録に必要な個人情報はメールアドレスのみ。外国産ソフト ですが、日本語化言語ファイルが公開されています。日本語表示にしたい場合は、日本語化ファイル「Japanese.lng」を 「CDCheck.exe」のある場所に置いて、「Options→Language→Japanese」でOKです。(2007/06/09)
日本語化ファイル

フリーソフトCD Recover Ver?
動作環境 : Windows XP
読み取りエラーの出るディスクから、読み込める部分だけを取り出してコピーできるソフト。
画面・操作方法ともにシンプルなソフトです。「Input File」に読み込みたいディスクの場所を、「Output Directory」 にコピーしたファイルの保存先を指定し、エラーが出たときの対処方法などを選択。最後に「Copy」ボタンをクリッ クすればOK。(2007/06/09)
解説サイト - GIGAZINE

スポンサード リンク

最近の更新


フリーソフトTOP機能別フリーソフト一覧 1 > CD・DVD
CD・DVD : CD・DVDバックアップ補助1 > CD・DVDバックアップ補助2

機能別フリーソフト一覧 1 / 機能別フリーソフト一覧 2 / フリーソフト詳細・関連記事