フリーソフトTOP機能別フリーソフト一覧 1 > ネット・通信
ネット・通信 : サイトダウンロード


フリーソフトGetHTMLW ver 8.1.1
動作環境 : Windows 2000 / 98 / 95 / NT
ホームページを、階層ごと全てダウンロードできるソフトです。
基本的な操作は、「取得→WebPage取得」でダウンロードしたいホームページのアドレスを入力して「実行」をクリックすればOK。取得状況を表示 する画面が表示されて、ダウンロードが始まります(結構時間がかかります)。ダウンロードされたファイルは、実行ファイルがあるフォルダに、 ドメイン別に別フォルダに分けられて保存されます。データの取得は、最大10のスレッドで動作し、また同じアドレスに対しては最大4スレッド に限定して同時に異なるアドレスとしてアクセスすることで、取得効率を上げ回線容量を無駄にしません。
閲覧する場合も、Webブラウザのプロキシを「GetHTMLW」にすることで、オンラインの閲覧と同じ感覚で取得したデータを閲覧できます。 一方で、単なるスルーのプロキシにもなるので、オンラインでの閲覧も邪魔しません。拡張プロキシモード「ProxyMode2」では、スルーのプロキ シとして動作しますが、アクセスしたサイトのデータを全て保存する事も可能です。
そのほか機能として、掲示板等のCGIのページにもある程度対応、FTPをサポート、Flashファイル内のリンクも追跡可、良く使うURLをまとめる 簡易ブックマーク機能、取得済のデータが更新されている場合のみダウンロードする機能など。ただ、使いこなせれば便利で高機能なソフトなの ですが、使い慣れるまで設定などが分かりにくいと思います。同梱されている付属テキスト「read1st.txt」「gethtmlw.txt」をよく読んでみて 下さい。(2006/03/16)

フリーソフトWeBoX ver 0.99M
動作環境 : Windows XP / 2000 / Me / 98
ホームページをダウンロードできるソフトです。ダウンロード後も、ツリー状のメニューを備えたなじみやすい3ペイン型 インタフェースで、コンテンツの管理・整理を容易に行えます。また、IEコンポーネントを利用したWebブラウザ機能を搭載しているので、 通常のタブブラウザの様に使いながら、気に入ったページを取り込むと言った使い方も可能です。ちなみに、「WeBoX」はダウンロードのみを行う ソフトではなく、ホームページの登録とダウンロードを別個に考えています。単に登録と言った場合は、ブックマークと同じ様なイメージです。 もちろん登録の後、ダウンロードを行えるので、普通にサイトダウンローダとしても使用できます。
ホームページ登録・ダウンロード機能では、ブラウザ部分で取り込みたいページ・サイトを表示しておいてツールバーから登録できるほか、IEの 右クリックメニューを拡張し、右クリックメニューから手軽にページを取り込む事も可能です。この機能はとても便利。「WeBoX」をインストール した後の初回起動時に、右クリック拡張機能を登録するか聞かれるので、素直に登録しておきましょう。もちろんここでは登録せずに、後から登録 することも可能です。右クリックから登録を行った場合は、「WeBoX」が起動されていない場合には自動的に「WeBoX」が起動し、そのページの登録 を行います。また、「WeBoXで全てをダウンロード」を選択して、リンク先のページごと一度に「WeBoX」に登録することも可能なほか、「WeBoXで 選択範囲をダウンロード」を選択することで、選択範囲のみを切り取って登録できると言う機能も備えています。
登録・ダウンロードしたデータは、「WeBoX」の「未整理フォルダ」内に保存されます。メニューエリアでは、右クリックから自由にフォルダを 作成したり名前を付けたりできるので、データを自分に分かりやすい様に分類して整理できます。閲覧する場合は、フォルダから閲覧したいアイテ ムを選択すれば、ブラウザ部分でそのページが表示されます。また、検索機能も豊富で、どのフォルダに登録したか分からなくなった場合に便利 なタイトル検索やURL検索のほかに、全体から任意のキーワードで検索したり、ページ内検索などを行う事が可能です。そのほか、登録したページ をさまざまな属性でソートしたり、取り込んだページの気になる部分にマーキングを行ったり、部分的にコメントを追加したり、いらないところ を削除したりなど様々な事ができます。
そのほか、mixiの日記やメッセージのバックアップ機能、指定した時間にフォルダを自動更新する機能など。機能はとても豊富です。うまく使い こなせれば、ダウンロードしたファイルやWeb上のデータも含めた情報整理ツール、またはWeb上のお気に入りのページを集めたブックマーク管理 ソフトとして、データベースの様に使用できるソフトです。スクリーンショット画像は、左がメイン画面、右がダウンロード設定画面です。 (2006/03/16)

フリーソフト巡集 定番 おすすめver 1.7.1a
動作環境 : Windows XP / 2000 / 98
ホームページを、階層ごとダウンロードできるソフトです。ダウンロード泉門で、↑の「WeBoX」の様なダウンロードした後 のコンテンツの管理機能などはありませんが、その分操作が簡単ですぐに使いこなせるシンプルさが特長。
基本的な操作は、「URL」タブでダウンロードしたいサイトのURLを入力し、「サイトのダウンロード開始」を選択するだけです。ダウンロードした ファイルは、実行ファイルがあるフォルダに新しくフォルダが作成されて、その中に保存されます。保存先は、「詳細設定→取得設定」のファイル の保存先から変更可能です。「取得設定」では、そのほかにもダウンロードする階層の指定、プロキシの設定、指定した時刻になると動作するタイ マー設定、取得ファイルサイズの設定、「User-Agent」や「Referer」の設定・変更、ダウンロード完了時の処理方法(音を鳴らす・メッセージの 表示・Windowsの終了)などを設定可能です。また「詳細設定」では、ダウンロード時のURLの許可設定・除外設定(ワイルドカード使用可)、 URLの文字列置き換えに加えて、ダウンロードしたファイルに付属する広告を削除できる「広告削除設定」機能を備えています。これは、開始文字列・ 終端文字列などを指定して、その間を削除する事で広告の削除を実現するものです。「Infoseek」や「Yahoo! Geocities」などで大きく掲載されて いるバナー広告などを削除できます。転載自由との事ですので、「知恵の実.com」でも配布させていただいています。著作権は作者のshidenさん にあります。(2006/03/16)


フリーソフトFuerza ver 2.2(build 134)
動作環境 : Windows XP / 2000 / 98
ネット上やローカルに保存されているHTMLページの構造解析を行い、エクスプローラ等のファイラー形式で表示するソフト です。もちろんダウンロードも可能。
画面はシンプルな左右2ペイン型で、左にツリー状のフォルダメニュー、右に選択したページに含まれているファイルのりストを表示します。 ページの読み込みは、アドレスバーに表示したいページのURLを入力して「移動」ボタンをクリックするか、URLを直接画面上にドラッグ&ドロップ でOK。ぺージを読み込むと、ページで使用している画像や動画、スクリプトファイルやスタイルシートファイル、ActiveX経由で提供されるFLASH ファイル等の名前やファイルの種類、URLやパラメータなどが表示されます。表示フィルタによって、表示するファイルの種類に制限をかけること が可能なので、目的とするファイルのみを素早く表示することが可能です。ページからのリンクも階層的に表示されるので、ページ間の繋がりも 把握できます。
ダウンロードは、アドレスバーにダウンロードしたいファイルのURLを直接入力する方法、表示されているファイルリストの右クリックメニュー からダウンロードする方法のほか、起点となるページからリンクを追跡して各種のファイルをダウンロードする「カスケードダウンロード」を 選択できます。
そのほか、文字列でURLを表示している場合でもそれらのURLをファイルとして認識することが可能、ファイルリストの項目をダウンロードせずに 内容を確認することができる「ファイルプレビュー」、ダウンロード時のレジューム機能や拡張子指定機能、プロキシ対応、表示しているページ のソースを表示する「ソースビュー」など。スクリーンショット画像は、左がメイン画面、右がカスケードダウンロード時の画面です。 (2006/03/16)

フリーソフト波乗野郎 ver 3.12
動作環境 : Windows 2000 / Me / 98 / 95 / NT / Mac
指定されたホームページを巡回し、ファイルをダウンロードしてくる自動巡回ソフトです。
基本的な操作は、まず「波乗り」メニューから「波乗り設定」を選択し、波乗り(自動巡回)の開始時刻・終了時刻の設定、波乗り終了後の動作の 設定、データの保存先や無視するURLリストの設定、プロキシの設定、ダイヤルアップ接続を利用する場合はその設定、接続する曜日などの項目を 設定します。その後、「接続先」メニューから「新規接続先」を選択し、波乗りしたい接続先の名前とURL、最大調査リンク数、接続する曜日など を設定し、メイン画面で波乗りしたい接続先にチェックを付けて「波乗りをはじめる」を選択すればOK。波乗りが終了したら、接続先を選択して 「リンク」メニューから「ブラウザで開く(ローカル)」を選択すると、ブラウザが起動しダウンロードしたファイルが表示されます。
メイン画面の右側では、選択した接続先の階層構造がツリー状のメニューで表示されるので、構造が分かりやすいです。また、設定はファイルと して保存されるので、目的別にファイルを作成して使い分ける事ができます。指定した時間になると自動的にインターネットに接続して、設定し た条件に従ってダウンロードを行い、完了すると自動的に回線を切断する機能を持っているので、ダイヤルアップ接続でネット閲覧している人に は便利なソフトだと思います。元々はシェアウェアでしたが、2001年9月1日からフリーソフトになりました。ヘルプファイルが元々付属していま すが、別途ダウンロードする形でマニュアルも提供されています。(2006/03/16)

フリーソフトWebsite Explorer ver 0.9.9.9β41
動作環境 : Windows Vista / XP / 2000 / Me / 98
指定したサイトを探査し、その階層構造とファイル構成をエクスプローラ形式で階層表示するソフトです。もちろん、その サイトの一部または全部をダウンロードする事も可能。また、サイトの閲覧者だけでなく、運営者にとっても便利な機能が多数搭載されているのが 特長です。
アドレスバーにスタートアドレスを入力または選択し、「開始」をクリックすると効果音と共に探査を開始します。探査が終了すると、スタート アドレスやステータス・ホスト・IPアドレス、検出したファイル数や外部リンク数(ステータスチェック可能)、データ更新頻度などを表示する 「サイトリポート」や、「サイト内データ」「外部リンク一覧」「エラー一覧」などの「サイト情報」が表示され、メイン画面で階層構造を表示 すると共に内蔵ブラウザで閲覧できます。「サイト情報」は、「情報」ボタンからいつでも閲覧可能で、全文検索を行う事も可能です。
ダウンロードは、表示されるツリーフォルダの右クリックメニューから「フォルダダウンロード」で行えます。ツリーフォルダの任意のフォルダ を選択できるので、下層フォルダだけダウンロードしたり、上位フォルダを指定してサイトごとダウンロードする事も可能です。子フォルダを持つ 上位フォルダを指定した場合は、チェックマークで任意のフォルダをダウンロード対象から外す事もでき、ローカルに保存したい部分だけダウン ロードできると言う特長があります。また、ダウンロードの際は、ダウンロードするファイル拡張子の指定や除外設定、階層構造を保持するかどう か、ローカルに最適化するためのリンクの修正なども行えます。
そのほか、ソースの表示やページ内リンク・ページ外リンクの一覧表示機能、「Website Explorer」のデータをHTML形式に変換したサイトマップの 作成機能、サイト運営者に便利な検索エンジン向けサイトマップの作成機能(txt・xml)、階層マップの作成機能、サイト全体・フォルダごと・ 各ページごとの文字数チェック機能、ページ内リンク・ページ外リンク・メールアドレス・ページ内リソースを集計した「リンクの詳細(CSV ファイルで保存可能)」など。サイト運営者にとっても、解析ツールとして便利なソフトです。(2006/04/03)

OthermhTac ver 1.0.0.1
動作環境 : Windows XP / 2000
HTML→mhtファイル一括変換ソフト。
HTMLファイルを保存したことがある人なら分かると思いますが、HTMLファイルを保存した場合、HTMLファイルに関連 付けられている画像などは、それぞれ別のファイルとして保存されます。mhtファイルは、画像ファイルとHTMLファイ ルを単一ファイルとして保存できるフォーマットで、ローカルではmhtファイルだけで正しく表示することができ ます。このソフトは、HTMLをmhtファイルに変換することができるソフトです。
操作はとても簡単。HTMLファイル があるフォルダを指定して、「実行」ボタンをクリックするだけです。最初は、全部のHTMLファイルが変換選択され ている状態なので、mhtファイルに変換したくないファイルだけチェックをはずせばOK。オプトメディアなので、無料 で使える代わりに、ウェブサイト閲覧時等に広告を配信・表示するプログラムが同時にインストールされます。 (2007/05/27)

フリーソフトWebよ止まれ 〜EternalWeb〜 ver 1.1.0
動作環境 : Windows XP / 2003 / 2000
動作に必要なソフト : Internet Explorer 5.0 以上 / Microsoft .NET Framework 1.1
Webページを、画像も含めて単一ファイルで保存できるフォーマット「mht」で手軽に保存する ためのツール。
インストール後、IEにショートカットアイコンが追加され、Webページを保存したいときには、ショートカットアイ コンをクリックすれだけで、簡単にダウンロードできるようになります。初期設定だと、ボタンをクリックするたび に保存先を聞いてくる設定になっているので、通常の「ファイル→名前を付けて保存」とあまり変わりませんが、 実行ファイルをクリックして、「保存ダイアログを表示する」のチェックをはずせば、保存場所の選択がスキップ されるようになるので、ボタンをワンクリックするだけで、さくさく保存することができます。現在のIEでは、普通にmhtフォーマットで保存 できるようになっています。(2007/06/28)

フリーソフトホームページ ゲッチュ! ver 3.21
動作環境 : Windows Me / 98 / 95 / NT
操作の簡単さやシンプルさを追求した、簡単ホームページダウンロードソフトです。
操作は、ダウンロードしたファイルを保存する場所を設定(初期設定では実行ファイルがある場所にダウンロードフォルダを作成)して、 対象ホームページのアドレスを入力(ここで入力したアドレス以下のURLをダウンロードしますので基本はTOPページ)、最後に「ゲッチュ!」ボタ ンを押すとダウンロードが始まります。
そのほか「設定 - 動作」では、優先してダウンロードするファイルを拡張子で指定、他のサイトからのダウンロードに関する設定、ダウンロード する階層の指定など。「設定 - 解析」では、URLを抽出するファイルの最大解析サイズの指定、URLを抽出するファイルを拡張子で指定などの設定 が行えます。普通に使う分には、初期設定のままで問題ありません。基本的な操作が、保存場所指定→アドレス指定→ボタンクリックという3ステッ プだけなので、他のソフトは高機能すぎて操作が分かりにくいと言う方は、ぜひこのソフトを使ってみてください。(2009/02/23)

スポンサード リンク

最近の更新

関連の深いカテゴリ : ダウンロード

フリーソフトTOP機能別フリーソフト一覧 1 > ネット・通信
ネット・通信 : サイトダウンロード

機能別フリーソフト一覧 1 / 機能別フリーソフト一覧 2 / フリーソフト詳細・関連記事