フリーソフトTOP機能別フリーソフト一覧 1 > 動画・サウンド
動画・サウンド : 音量・ボリューム操作


フリーソフトFader Controller Ver 3.3m
動作環境 : Windows XP / Me / 2000 / 98
Windows の音量やミュートなどを制御するソフト。
マスターボリュームやWave・AudioCD などの音量値をまとめて操作することができます。普段はタスクトレイに アイコンがあるだけなので邪魔にもなりません。操作は、タスクアイコンをクリックして行います。また「アイテ ム」と呼ばれる設定情報を保存しておけば、「アイテム」を切り替えるだけで、設定した各音量値に簡単に変更 できます。「アイテム」に、アプリケーション連動機能を設定しておけば、起動中のアプリケーションや、アクティブ なアプリケーションに合わせて、あらかじめ設定しておいた「アイテム」に自動的に切り替えることもできます。 (2006/11/07)

フリーソフトViC-3 Ver 3.10
動作環境 : Windows
パソコンの音量をアプリケーションごとに指定できるソフト。
左右の音量を別々に設定したり、時間帯ごとに「この設定は〜時から〜時まで」など、細かい設定をすることが 可能です。また、設定を使う場合のアプリの状態は、「アクティブ」「起動中」から選ぶことができます。普段は、 タスクトレイに常駐して、監視しているので邪魔にもなりません。カンパウェア。(2006/04/09)

フリーソフトVolume WatcherVer 0.82b
動作環境 : Windows XP / 2003 / Me / 2000 / 98 / 95 / NT
タスクトレイに常駐して、ボリュームの状態を監視するソフト。
バーのようなタスクトレイアイコンで音量を表示します。音量が変更されると、アイコンのバーの位置も変化して、 アイコンにマウスを載せると、ボリュームを数字で表示します。音量の変更は、右クリックから標準の「ボリューム コントロール」や「オーディオプロパティ」を開いて変更する方法と、タスクトレイアイコンをクリックして、 変更する方法があります。タスクトレイアイコンの上半分を左クリックすると5%音量アップ、下半分を左クリック すると5%音量ダウンです。また、1秒間マウスの左ボタンを押し続けると、ミュートのON・OFFを行います。 (2006/05/06)

フリーソフトオンスクリーンボリュームビューアVer 1.00β30
動作環境 : Windows XP / 2000
音量の状態を、テレビリモコンで音量変更する際によくみられるような緑のバーで見やすく 表示するためのソフトです。
表示画像のタイプは、テーマ切り替えで8種類用意されていて、自分で色を変えて新しいテーマとして保存すること もできます。ワンクリックでVolume Control が起動できるので、マスターボリュームの変更も簡単にでき、設定 した音量は音量ファイルとして保存しておくこともできます。音量ファイルは、プロパティダイアログから 「音量ファイルを関連付けする」にチェックすることで、設定ファイルに関連付けをすることが出来ます。 関連付け後は、音量設定ファイルをダブルクリックするだけで、音量設定ファイルに記載された内容に、自動的に 音量が変更されます。音量の変更は、ホットキーやマウスホイールでも可能です。マウスホイールで変更する場合 は、タスクバーの上にマウスを持っていって、ホイールするだけです。自分的には、このマウスホイールで音量を 変更できる機能が、気に入ってます。(2006/11/07)

フリーソフトWheelVol Ver 2.3
動作環境 : Windows Vista / XP / 2000
マウスのホイールでマスタボリュームとWAVE出力を変更することができる、音量調整ソフトです。ワンタッ チでミュートをかける機能もあるので、すぐに音を消したい場合にも便利。
起動キーを押しながらマウスホイールを回して操作します。「WheelVol」ではマスタボリュームとWAVE出力を調整できますが、 どちらを変化させるかは、押すキーの組み合わせで選択できます(起動キー+ホイール:マスタボリューム、起動キー+SHIFTキー +ホイール:WAVE出力)。起動キーはデフォルト状態では無変換キーで、「無変換・左CTRL・右CTRL・左ALT・右ALT」から選択 可能です。ミュートするには、起動キーとSHIFTキーを押しながらホイールボタンをクリックすればOK。タスクトレイのアイコン が、駐車禁止マークの中にスピーカが入っているアイコンに変化します。
そのほか、タスクトレイアイコンを使って現在のボリュームを表現したり、ボリュームを変化させたときのボリューム表示の方法 (表示しない・テレビ風・スライドバー)、細かい操作方法の変更など。インストールの途中でスタートアップに登録するか確認 されるので、そこでスタートアップに登録しておくと便利です。Ver2.3から、Vistaにも対応しました。Vistaでは、とりあえず マスタボリュームのみ操作可能です。(2007/10/12)

フリーソフトTray Volume ver 1.3.5
動作環境 : Windows Vista / XP / 2000
タスクトレイに常駐して、音量を監視・操作するソフト。タスクトレイアイコン上でマウスホイールを回転するだけで、 音量を変える事ができるようになります。
また、設定次第で、タスクトレイアイコン上だけでなくタスクバー上も認識するようにしたり、デスクトップ上・画面隅でマウスホイールを回転 して音量を変えることも可能です。スキン機能も備えており、あらかじめ9種類のアイコンから選ぶことができるほか、自分好みのアイコンを作成 して変更することも可能。スキンによって、音量を数字で表示したり、バーで表現してくれるので、現在の音量レベルを一目で確認できます。 そのほか、キーボードでの操作、音量増減幅の設定、音量の変更時にバルーン表示やビープ音で知らせる機能など。スクリーンショット画像は、 左がタスクトレイアイコンの画像、右がオプション画面です。(2009/09/20)

フリーソフトGoVolume ver 0.12
動作環境 : Windows XP / 2000
PCの音量をリアルタイムに監視して、あらかじめ決めた範囲の音量に自動調整してくれるソフトです。音量が大きすぎたり 小さすぎる場合に、マスターボリュームを自動で上下してくれるので、動画サイトでの急な大音量対策や小さな録音レベルのコンテンツの再生など に役立ちます。
使用には、あらかじめ「ボリュームコントロール」→「録音コントロール」を開き、ステレオミキサーをONにして音量を調整しておく必要があり ます。詳しくは同梱されているヘルプに記載されているので、ヘルプに従って設定を行えばOKです。設定終了後、「GoVolume」上で音量の範囲を 指定すれば設定完了です。「最大許容音量」は、設定した音量以上の出力をカット(音量フェイルセーフ機能)。「最大平均音量」は、今聞こえ る平均的な音量に対して上限を定めて、それ以上ならボリュームを絞ります。「最小平均音量」は、今聞こえる平均的な音量に対して下限を定 めて、それ以下ならボリュームを上げる設定です。これらを組み合わせて、自分の好みの設定にすることができます。そのほか、出力されている 音の様子を視覚化する波形表示、任意のホットキーでミュートのオン・オフが可能など。(2009/09/21)

スポンサード リンク

最近の更新

フリーソフトTOP機能別フリーソフト一覧 1 > 動画・サウンド
動画・サウンド : 音量・ボリューム操作

機能別フリーソフト一覧 1 / 機能別フリーソフト一覧 2 / フリーソフト詳細・関連記事