フリーソフトTOP機能別フリーソフト一覧 1 > システム
システム : ハードディスク1 > ハードディスク2


フリーソフトHDD Health Ver 2.1 Build159
動作環境 : Windows XP / Me / 2000 / 98 / 95 / NT
PCのハードディスクがいつ壊れるのかを予想してくれるソフトです。
予測最短寿命として、何年何月何日と表示してくれるので、一応の目安として利用すると便利。日付の上に予測の 精度を示したバーが表示されますが、長い間監視し続けていくとだんだん精度が上がってきます。 またS.M.A.R.TタブでS.M.A.R.T情報と、問題箇所を見ることができます。ハードディスクの温度などを監視して 通知してくれる機能もあります。外国製のソフトですが、日本語化パッチが公開されています。S.M.A.R.Tの各項目 やHDDの情報など細かい部分は英語表示のままですが、メニューや設定変更画面が日本語化されるので、英語表記が 苦手な人はかなりわかりやすくなると思います。(2006/06/02)
詳細解説ページ - HDD Health
日本語化パッチ

フリーソフトHDD温度計 Ver 1.2
動作環境 : Windows XP / Me / 2000 / 98 / NT
定期的にハードディスクの温度を取得して表示するソフト。
ハードディスクから温度が取得できればその温度を表示し、取得できなければ'XXX'と表示します。また、HDDの型名と Ultra DMAモードも表示します。表示形式は、シンプルに温度を表示するタイプと、温度変化が分かりやすいグラフ 表示が選べて、最小化するとタスクトレイアイコンでも温度を表示してくれます。ログファイルも自動的に 作成します。(2006/05/07)

フリーソフトSpeedFan Ver 4.32
動作環境 : Windows Vista / XP / 2003 / Me / 2000 / 9x / NT
ハードディスクやファンの回転数などのモニタリングソフト。
モニターするだけでなく、設定して制御したり、自分でファンの回転数を上げたり下げたりすること ができます。スクリーンショットの「Speed01〜03」の所でパーセンテージが表示されていますが、そこのパーセン テージの数字を変えることで、ファンの回転数を手動で変えられます。また、ファンの回転数やハードディスク などの温度の変化をグラフ表示で確認したり、S.M.A.R.T情報を表示することもできます。自分で、Desired(この 温度以下になるように制御)、Warning(無条件にファンのスピードを100%で動かす温度の設定)の設定や、 ファンの回転を制御する際の回転数の下限・上限などを設定できるので、モニタリング結果やグラフ表示の変化 などを参考にしながら、いい状態を維持できるように設定しましょう。設定後メイン画面で「ファンコントロール 自動化(Automatic fan speed)」にチェックを入れれば、自動制御が開始されます。外国産のソフトですが、日本語に 対応しています。メイン画面から「Configuer→Optionsタブ→Language」で設定できます。(2006/11/05)
解説サイト    

フリーソフトHD Tune Ver 2.53
ハードディスクの情報やS.M.A.R.T.情報の表示にも対応した、ハードディスクのベンチマーク ソフト。
ベンチマークカテゴリへ→

フリーソフトHDD Smart Analyzer Ver 1.0.0
動作環境 : Windows XP / 2000
ハードディスクのS.M.A.R.T.情報を一覧表示してくれるソフト。
起動するとS.M.A.R.T.情報を表示するシンプルなソフトです。「HDD Health」と違って、定期的に監視して異常を 知らせてくれるような機能は今のところありません。ただ、S.M.A.R.T.の属性名なども日本語で表示してくれるので、 各数値の意味がちゃんとわかります。(2007/01/17)    

フリーソフトDiskState Ver 2.44
動作環境 : Windows 7 / Vista / XP / 2003
パソコンに搭載されているハードディスクへのアクセス状況を、タスクトレイ内のアイコン で通知してくれるソフト。
アイコンはLEDランプ風で、ディスク読込み時には緑色のLEDが、書き込み時には赤色の LEDが点灯します。Ver.2からは、ディスクアクセス監視の他に、CPU使用率、ネットワーク使用率、PING応答の監視、 適切な権限が設定されているリモートコンピュータのディスクアクセスも監視可能です。(2006/05/13)    

フリーソフトHDDSCAN Ver 2.0
動作環境 : Windows Vista / XP / 2003 / 2000
ハードディスク診断ソフトウェアです。ハードディスクとフラッシュメモリの不良セクタ検査・記録面の状態チェックを 行う「不良セクタ検査」、「ハードディスク情報の確認」、「HDD S.M.A.R.T情報の表示」、ハードディスクのデータ読み書き状態を検査する 「HDD R/W 状態モニタリング」、HDDに保存されたデータの状態を確認して最適化する「データ記録状態最適化」の5つの機能を備えています。
検査可能なメディアは、ハードディスク(IDE, SCSI, SATA, SAS)、メモリ(CFカード【Compact Flash】, Smart Media, XD Picture Card, MMC 【Multi Media Card】, MC Micro Memory, RS-MMC, SD・Mini SDカード, Memory Stick)、USBメモリ、その他メディア(FDD, MO, ZIP)など。 ミラーリング状況などもモニタリングすることができます。一台のパソコンでの同時作業数に制限はありません(4ヵ所以下なら安定的に作業でき ます)。ミラーリング中にインターネットの問題で接続が切断された場合は、切断された部分から受け継ぐことも可能です。
そのほか、特長・機能として、物理ドライブ検査から論理ドライブ検査まで可能、不良セクタ検出機能・絶対セクタ出力機能(不良ブロック 内に発生した不良セクタの正確な位置把握後LBA値出力)、スキャンバッファー選択(64KB・128KB)、スキャングラフ出力機能(ページ当たり250 MB・500MB・1.0GB・2.0GBで選択可能、グラフデータ位置にリアルタイムデータ出力)、検査画面のスクリーンキャプチャ機能(BMP・JPG)、検査 状態ログ記録・レポート出力機能(検査の設定事項や検査時に発生した不良セクター位置、全体領域表示)など。(2008/06/23)

フリーソフトディレクトリの容量表示 FileSum Ver 2.28
動作環境 : Windows XP / 2000 / 98 / 95 / NT
ディレクトリの容量を高速に計算し、グラフ表示するソフト。
使用比率を棒グラフで表示するので、ディレクトリごとの容量が一目でわかります。操作は、ドライブを選択後、 調べたいディレクトリを選択して「START」ボタンをクリック。表示単位は、1Byte・kByte・MByteで切り替え可能 です。バックアップを行う前に、バックアップ先の空き容量の変化や容量不足を簡単に検出できる「バックアップ シミュレーション」機能などを備えています。(2006/03/17)

フリーソフトFolder_Graph Ver 1.0.0
動作環境 : Windows XP / Me / 98
サブフォルダを含むフォルダのサイズを円グラフで描画するソフト。
「フォルダ」から対象フォルダを選択すると、自動的に調査してグラフを描き、フォルダごとの使用量や使用率 が一覧表示されます。(2006/04/03)

フリーソフトDiskInfo Ver 1.3.0
動作環境 : Windows XP
ディスク・フォルダの使用状況を表示するソフトです。
画面は3ペイン型で、左側に選んだドライブのフォルダがツリー表示され、右上に対象フォルダ内の子フォルダの 占有率、右下に対象フォルダ内の子フォルダに格納されていない各ファイルの占有率が表示されます。 表示される項目は、一目で内容を掴みやすい棒グラフで表した占有率と数値でのパーセント表示、実際のサイズと ディスク上のサイズ、孫フォルダ数や全ファイル数・全フォルダ数など。そのほか右クリックメニューから、 フォルダ・ファイル名やフルパスをクリップボードに送る、選んだファイル・フォルダの削除、選択されている フォルダ内の拡張子別使用状況を見ることができる「拡張子別サイズ」、選択されているフォルダ内にあるファイル の「サイズランキング」などの機能もあります。
使い方は、簡単です。「ファイル→ドライブ解析」で、解析したいドライブ・フォルダを選択したら解析が始ま るので、完了後「閉じる」ボタンをクリックで、メイン画面にディスク使用状況が表示されます。各種データの Excel形式でのエクスポートにも対応しています。(2007/11/17)

スポンサード リンク

最近の更新

関連の深いカテゴリ : デフラグ / PC情報表示 / ベンチマーク

フリーソフトTOP機能別フリーソフト一覧 1 > システム
システム : ハードディスク1 > ハードディスク2

機能別フリーソフト一覧 1 / 機能別フリーソフト一覧 2 / フリーソフト詳細・関連記事