フリーソフトTOP機能別フリーソフト一覧 1 > システム
システム : 起動・終了1 > 起動・終了2


フリーソフトPost-Action Starter ver 1.14
動作環境 : Windows Vista / XP / 2000
画面の変化、指定したプロセスの終了や新しいウインドウの表示などの条件を指定して、その 条件を満たしたら事前に設定した動作を行わせるソフトです。時間のかかる作業を始めたあと、Windowsを終了したり、 作業終了まで席をはずしたい場合なんかに便利なソフトです。
設定はウィザード形式で進んでいくので簡単。はじめに監視モードを決めて、条件の設定、条件を満たした場合の 動作という流れで設定していきます。監視モードは、画面の変化を監視する「画面モード」、プロセスの状態を監視 する「プロセスモード」から選択します。「画面モード」を選んだ場合は、画面の変化を監視する監視範囲をマウス ドラッグで指定します。「プロセスモード」を選んだ場合は、動作中のプロセスの一覧が表示されるので、対象にす るプロセスを選択します。条件の設定は、「プロセスの終了」、新しいダイアログが表示された場合などの「親ウイ ンドウの発生・消滅」、「CPU使用率が5秒以上0」、そのプロセスの処理が終了して他のプロセスに制御を渡せる状 態になったことを意味する「待ち状態」、画面の表示文字列が変化するのを監視する「親・子ウインドウの文字列の 変化」の全部で5つ。「当該プロセスの監視テスト」をクリックすれば、今現在5つの条件を満たしているかどうか チェックできるので、よくテストして良さそうな条件を見つけてみてください。最後に条件を満たした場合の動作 を決めて終了です。動作は、音声・動画ファイルの再生、Dosコマンドの実行、Windowsの終了から選べます。また、 動作前にデスクトップの画像キャプチャを行うことも可能です。キャプチャした画像は、「Post-Action Starter」 をインストールしたフォルダにBMP形式で保存されます。(2007/12/08)

フリーソフトVista のエレベータ ver 1.21
動作環境 : Windows Vista
Windows Vista ではセキュリティが強化されて、一部のアプリの起動やインストール作業などを行う場合に いちいち確認を求めてくる、UAC(ユーザアカウント制御)という機能が付きました。ただ、インストールの場合は一度だけで済 みますが、アプリの起動ごとに毎回許可を求められるのは面倒です。また、作業を自動化したい場合などに、確認画面のところで 作業がストップしたりもします。このソフトは、その面倒な確認作業を事前に1度で済ますことができるソフトです。
機能として、「権限昇格の確認が不要になるDOSコマンドの生成」、「権限昇格の確認を不要にするショートカットの生成」、 所定のウィンドウにファイルをD&Dすることにより、それを昇格要求なしで実行させることができる「D&Dによる管理者権限での 実行」、昇格要求なしでファイルを Program Files・Windows フォルダへコピー・移動できる機能などがあります。
操作は「VETray.exe」をクリックして、タスクトレイアイコンから行います。左クリックでD&D画面の表示、右クリックでその 他の操作メニューの表示・実行です。個人的には「権限昇格の確認を不要にするショートカットの生成」がお気に入り。レジスト リエディタやデフラグなど毎回確認されるアプリでも、いったんショートカットさえ作っておけば、それをクリックするだけで 確認作業なしに起動できるようになります。作成の仕方は、「右クリック→昇格要求不要なDOSコマンド生成」をクリックし、 実行ファイルを指定して「デスクトップに起動用ショートカットの作成」をクリックするだけ。同じ画面で、DOSコマンドの作成 やクリップボードへのコピー、テスト実行も可能です。そのほか、「Readme.txt」に詳しく操作方法が載っているので、見てみ てください。(2007/12/15)

フリーソフトShutdownTurboTimer ver 1.06
動作環境 : Windows Vista / XP / 2000
車のターボタイマーのような外観をした、Windowsのシャットダウンタイマーソフトです。残り時間をセッ トして実行すると、カウントダウン後、Windowsをシャットダウンします。カウントダウン後の動作は、シャットダウン以外にも、 再起動・ログオフ・スリープ・休止状態の5種類から選択可能です。時計表示にすることもできます。
操作はシンプル。タイマーをセットする場合は、「Timer」ボタンをクリックして「Timerモード」に切り替えた後、「min.」 「sec.」の±キーを使って、タイマー時間を決定します。最後に「SET」キーをクリックすればカウントダインが始まります。 「時計」表示にしたい場合は、「Clock」キーをクリックすればOK。カウントダウン後の動作の切り替えは、画面上を右クリックし て「設定」から選択できます。無料で利用できますが、オプトメディアです。無料で使える代わりに、ウェブサイト閲覧時等に 広告を配信・表示するプログラムも同時にインストールされます。(2008/03/13)

フリーソフトGoShutdown ver 0.10
動作環境 : Windows Vista / XP
シンプルなシャットダウンタイマーソフトです。
指定時間経過後のシャットダウン・再起動・スタンバイのほかに、あらかじめプロセスを指定しておき、監視対象のプロセスが休止・終了・指定 時間を経過したらシャットダウン・再起動・スタンバイするように指定する事も可能です。なので、デフラグツールなど、長い処理時間がかかる アプリケーションと併用すると便利です。監視対象のプロセスは「プロセス参照」で起動中のプロセス一覧から選択できます。とてもシンプルな 画面設計なので、操作はスクリーンショット画像を見るだけでも分かると思います。(2008/09/23)

フリーソフトXP風終了メニュー ver 1.050
動作環境 : Windows 7 / Vista / XP / 2000
Windows Vista・2000で、XP風の終了メニューを使用する事ができるソフトです。XPの終了メニューよりも、行える操作 が豊富になっています。
操作は、実行ファイルをクリックするだけ。XPの終了メニューで周囲が白黒化するのに似せて周辺がフェードアウトし、XP風の終了メニューが 表示されます。メインメニューは、XPの終了メニューと同じ「電源を切る(シャットダウン)」「再起動」のほかに、Vistaでの「ハイブリッドス リープモード」に当たる「スリープ(スタンバイ)」、プログラムを動かしたまま別のユーザに切り替える「ユーザの切り替え」、現在の状態を ハードディスクに保存して、次回起動時に休止時点の状態を復元してパソコンを起動させる「休止」、現在のユーザーを終了して「ログオン」画面 に戻る「ログオフ」の6種類。「休止」が1クリック操作で行えて便利です。また、動いている全てのプログラムを強制終了(保存作業無し)させて 電源を切る「強制シャットダウン」、モニタを一時的にOFFにさせる機能も備えています。
そのほか設定で、常駐させる事も可能です。常駐させた場合は、タスクトレイアイコンから各種終了処理を素早く行えるほか、クリックするとメイ ン画面を表示するアイコンを、画面の4隅のいずれかに表示する事ができます。XPの終了メニューに慣れ親しんでいた方には特におすすめのソフト です。(2009/02/23)

スポンサード リンク

最近の更新

関連の深いカテゴリ : スタートアップ・サービス

フリーソフトTOP機能別フリーソフト一覧 1 > システム
システム : 起動・終了1 > 起動・終了2

機能別フリーソフト一覧 1 / 機能別フリーソフト一覧 2 / フリーソフト詳細・関連記事